初心者向けのヨガウォームアップシーケンス(全身用)

どんな種類の身体運動にも慣れていない場合、怪我を防ぐために体を温めることが重要です。 ヨガにも同じことが言えます アーサナ (ポーズ)。 簡単なウォームアップにより、体を開いてヨガの練習に備えることができます。 これは、初心者の学習者にとって特に重要です。 練習の基礎、それはあなたの練習が 安全な 1。

この単純な ヨガのウォームアップ あなたの練習を始めるのに最適な方法であり、他のタイプを始める前に特に良い出発点です ヨガのストレッチ。 体の部分ごとに分解され、ヨガのシーケンスを開始する前に、すべての主要な怪我ポイントを確実に温めます。

ヨガウォームアップシーケンス 初心者 部分1

この ウォームアップシーケンス 初心者を念頭に置いて設計されており、すべての人にとって素晴らしいスタートです ヨガのアーサナ 練習。

まず、 快適に座っている あなたと床に 肩を下げてリラックス。 快適に床に座れない場合は、折り畳まれた毛布の上に座ってください。

1。 首

ゆっくりと呼吸を開始して、 頭は中立位置にあります。 次に、息を吸って吐き出し、頭を右に向けます。 息を吸い込んで頭を中央に戻し、息を吐いて左に回します。 吸い込んで、再び中心に持って行きます。 これをXNUMX回行います。

同じ座位から、息を吸って吐き出し、頭を上げて天井を見ているようにします。 あごが胸にくるように吸い込んで下ろします。 これをさらにXNUMX回繰り返します。

次に、息を吸い込んで吐き出し、頭を左に傾けます。 吸い込んで中央に戻し、吐き出して右に傾けます。 これをXNUMX回行います。

吸い込み、頭/首が中央で中立であることを確認してから、息を吐き、あごを下げます。 頭を吸い込み、円を描くように上下にXNUMX回動かします。 次に、方向をさらにXNUMX回反転させます。 頸椎または頸部の怪我がある場合は、これをしないでください.

2.肩

同じ快適な座位から、息を吸い込んで肩を上げ、息を吐きながら下げます。 このウォームアップをXNUMX回行います。

次は、胸と肩を開くための肩の回転です。 肩に指を置いて、 肘を下ろす。 次に、肘を吸い込んで前に持ち上げ、吐き出し、後ろに回転させます。 合計XNUMX回、XNUMX回繰り返します。 次に、逆に逆の手順を行い、後ろから肘を吸い込みの上に上げ、息を吐き出します。 これもXNUMX回行います。

3.上腕三頭筋

次に、左手を上げて肘を曲げ、手が背中の後ろになるようにします。 左上腕三頭筋が伸びるように、右手で左肘を押して押します。 次に、肘を右に引いて、上腕三頭筋をさらに伸ばし、左上腕の側面を下に伸ばします。 右腕で繰り返します。

4.手

同じ快適な座位から、指を連動させます。 息を吸い込み、手のひらを外側に向けて、目の前で上に伸ばします。 息を吐きながら、それらをあなたの前に降ろします。 これをXNUMX回行います。 高血圧がある場合はこれを避けるべきです.

5.背骨

手を前に持って行き、できる限り前に歩きます 背骨を伸ばす。 手を使って腰を伸ばし、手を歩いて背骨を上に向けて座ります。

次に、左膝の両側に手を置きます。 手を右に伸ばして、背中の右側を伸ばします。 手を腰につけて座り、反対側で同じことを行い、背中の左側を伸ばします。

次に、背骨を単純にひねって、ストレッチしてウォームアップします。 右手を左膝に置き、左手を後ろに置きます。 背中がまっすぐであることを確認してください。 息を吸い込んで胸を開き、息を吐き、できるだけ左にひねります。 必ず左を守ってください 肩を下ろす 耳から離れます。 ここでXNUMX回息を止めます。 次に、右側で繰り返します。

これで、側面を横方向にストレッチします。 あなたは以前と同じように快適に座っています。 あなたの左の肘と前腕をあなたのそばの床に持っていきます。 右座骨が近づいてきたら、腕の下にブロックまたは折り畳まれた毛布を置きます。 息を吸って右腕を上げ、息を吐いて左側に持っていきます。 頭を落とさないで。 首と背骨に合わせてください。 可能であれば、右膝を押し下げます。 反対側で繰り返します。

6。 ヒップ

まっすぐに立ち上がる タダサナ or サマスチティ (山のポーズ)。 次に、足を約XNUMXフィート離します。 床に平行に、腕を吸い込んでまっすぐ横に出します。 息を吐きながら下に行き、左側に折りたたみ、左手を下ろします。 トリコナサナ。 あなたの右手は天井に向かっています。 息を吸って戻ってきて、息を吐いて右側に折ります。 これを行う ヨガのウォームアップ 3回。

次に、足をヒップ幅に広げ、手を腰に当てます。 腰をXNUMX回、円を描くように動かします。 その後、反対方向にさらにXNUMX回進みます。 足をさらに離して、もう一度やり直してください。

7.足首

足を約XNUMXインチ離して、タダサナにまっすぐ立ち、腰に手を置きます。 片方の足を押し上げてつま先に乗せ、もう一方の足を下に保ちます。 次に、交互に、もう一方の足でそれを行います。 両側をXNUMX回行います。 かかとが床に触れないようにしてください。

今度は同じことを、より速い速度で繰り返します。 これは、足首を温めるだけでなく、バ​​ランスの改善にも役立ちます。 繰り返しますが、これを各足でXNUMX回行います。 最後に、つま先に立っているように両方を持ち上げてから、両方を下げます。 これをXNUMX回行いますが、最後のXNUMX回でXNUMX〜XNUMX回息を止めます。

関連商品: インドのヨガ教師トレーニング

ヨガウォームアップシーケンス 初心者 部分2

この ヨガのウォームアップ ヨガの重要な側面である、体内のエネルギーチャネルを暖めることについてです。 また、呼吸と、体の基部(足の裏)から頭頂部までのウォーミングアップに集中します。

1.呼吸

背中をまっすぐにし、目をそっと閉じて快適に座ります。 息を吸い込むように腕をまっすぐに上げ、息を吐きながらあなたのそばに下げます。 同時に、あなたは 胸から呼吸する (胸部呼吸)。 方法について詳しく読むことができます 胸部呼吸 ここ。 これを15回繰り返してから、リラックスしてください。 さらに15回繰り返して休憩します。 その後、15回呼吸します。

息を落ち着かせて、体につなげます。 目を閉じて座った状態を保ち、手のひらを上に向けます。 長い息を吸って手を上げ、息を吐き、手のひらを下に向けて膝まで下げます。 15回呼吸してから、さらにXNUMX回繰り返します。 あなたが取っていることを確認してください ゆっくりとした柔らかい呼吸.

2.ベースの強化

ベースは、足の底とアーチです。 で開始 タダサナ、両足をヒップ幅に広げ、両手を腰に当てます。 かかとを吸い込んで床から持ち上げ、かかとを吐き出し、つま先を上げます。 これを15回呼吸し、休息してXNUMX回繰り返します。

3.脚の強化

立ったまま、内側の太ももの間にブロックを置きます。 太ももを転がし、ブロックを絞って内側の太ももを強化します。 大腿部を引き上げて、大腿四頭筋を機能させます。 手を腰に当て、膝を曲げます。 ここで腕を伸ばして うたかたさな (椅子のポーズ)30秒間。 肩が耳から離れていることを確認してください。 これをXNUMX回行います。

4.コアの強化

腕を横にした状態で仰向けになります。 腰を保護し、腹部の筋肉を動かすために、スピンの自然な曲線が下がっていることを確認してください。 これを行う最も簡単な方法は、タイトなジーンズのペアを圧縮しようとした場合と同じ動きをすることです。

吸い込み、腕を頭の上に持ってきます。 息を吐き、腕、頭、肩、足を上げます。 息を吸い込んで下に行き、息を吐いて戻ってきます。 これを10〜15回行います。 休息し、さらにXNUMX回繰り返します。 あなたが持っている場合 首が悪い、頭と肩を下げて、腕と脚だけを動かします。

膝を横に持ち、ゆっくり自分を押し上げます。

5.腰の強化

足を一緒に、腕を横に、額を下にしてお腹の上に横になります。 のように頭、腕、脚を吸い上げて持ち上げます サラバサナ。 その後、息を吐き、すべてをダウンさせます。 これを10回行い、休息を取り、XNUMX回繰り返します。 これが難しいと思うなら、 腕を頭の上に上げるのが簡単です.

次に、テーブルトップの位置(手と膝)に移動します。 手首を肩の真下に置き、中指を前に向けて指を広げてください。 今、あなたはやります ビティラサナ (牛のポーズ)と マルジャヤサナ (猫のポーズ)背中全体を伸ばして強化します。

背骨を吸い込み、顎と胸を上げます。 確認してください 肩が戻ってきた。 背骨を吐き出してカールさせ、頭を下げながらできる限り高くします。 これを10回行い、休息を取り、さらにXNUMX回行います。

6.背中の強化

足を開いてつま先を曲げた状態で座ります。 吸い込み、腕を横に持ってきます。 息を吐き、左腕を右足に持っていき、右手を後ろに向けて左腰に向けます。 吸い込んで起きて、息を吐いて反対側をします。 これを各側で10回行います。

足を開いてつま先を曲げた状態で座ったままにします。 息を吸い込んで、腕を横に出します。 息を吐き、左手を太ももに置き、左腕を右足の方に伸ばします。 あなたは 横に伸びる、正面ではありません。 両側を10回行います。

7.肩の強化

ひざまずきます。 ひざが痛い場合は、ひざ下に毛布を巻いてください。 ストラップを取り、片方の手に巻き付けて、約XNUMXフィートのラップを外します。 腕を前に伸ばして、もう一方の手で端を持ちます。 息を吸い込んで腕を上げ、息を吐き、できるだけ元に戻します。 肩を転がす バック。 吸い込み、それらを持ち上げ、吐き出し、再び前方に持っていきます。 これを行う ヨガのウォームアップ 15回。

8.首の強化

可能であれば、かかとに座ってください。 必要に応じて、かかとと座っている骨の間に毛布を置くことができます。 かかとの上に座れない場合は、膝の上にとどまります。 指を頭の後ろにかみ合わせ、前方に押し込みます。 同時に、頭を後ろに押します。 ここで10〜15秒間押し続けます。 圧力を緩めて休ませ、もう一度繰り返します。

さあ、息を吸い込んで左を上にして、頭のてっぺんから右耳まで上げます。 息を吐き、首を左に引きます。 ここで10〜15秒間保持します。 今、反対側を行います。 両側でこれをもう一度行います。

次に、腕を下げます。 目を閉じて、肩と腕をリラックスさせます。 鼻から吸い込み、口から吐き出します。 あなたが望む限り、このように呼吸し、その後 ヨガの練習を始めてください.

6のコメント

  1. ピンバック: ヨガとエクササイズのメリット-それはヨガニカラグアです

  2. ピンバック: ヨガが認知機能を改善する方法

  3. ピンバック: ゲストポスト:あらゆる体型に合わせたヨガ-RunningSoleGirl

  4. ミスカミールYマルボカス /返信

    コロナによる封鎖中にこれらをやっていて、心も体も本当に助けてくれて、とてもよく眠れました!

  5. アービンド /返信

    非常にシンプルな先生。
    定期的に見たり練習したりします。 それが実証されている方法は、理解と実践を容易にします。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.